手を抜かないだけじゃ本気になれない

 自分ではずっと本気のつもりだった。

 自分なりに本気で生きてきたし、なにかを疎かにしたつもりもないし、できることはちゃんとやってきたつもりだった。
 だけど、どうもそれは本気じゃなかった。ただ、手を抜いていないだけだった。

 手を抜かないのと本気の違い。それは自分で上限を設けてしまうことだと思う。
 このくらいやれば、少なくとも及第点はとれるだろう。そんな打算のもとに基準を設けてそれを超えたら、もはや目的達成とばかりに手を緩めてしまう。実際に手は抜いていないし、「それなり」の結果は出る。
 だから、満足していた。

 きっと、こういう人は多いのだと思う。でも、そのままではいつまでたっても本気を知らないままで、常にもやもやを抱えている。このままでいいのだろうか? と心に引っかかりを感じながらも、本気のスイッチがどこにあるかわからないので、立ち尽くしている。

 本気になるってことは、とにかくできることを片っぱしからやることだと思う。もちろん最初は未熟だし穴だらけだかもしれないけれど、その穴に気づいたら放置しないできちんと埋めようとする。その積み重ねでいつしか最初はできなかったことができるようになる。

 じゃあ、どうやったら本気になれるのだろう?
「本気になろう」と言って、なれるのなら苦労しない。
 だったら、まずはできることを精一杯にやってみたらいいんじゃないだろうか?
 思い通りにいかなくて、悔しくて、泣いてしまうかもしれない。それだけ感情が浮かんでくるのなら、それは本気と言っていいなじゃないだろうか?
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク