ロルフィングの影響?

 なんだか感情の起伏が激しい。

 大なり小なり感情の波というのはあるものですが、最近その変動が激しい。良い方向にも悪い方向にもブレーキが効かずに、ちょっとしたことで感情が振り切れてしまう。表に出さない程度に律することはできるけれど、自分の中では嵐が吹き荒れている。

 もしかしたらこれもロルフィングの影響かなと感じています。2回目を受けた当日はさほど変化は感じなかったものの、翌日以降に右肩が熱を帯びたり、親指の付け根が痛みが生じたりと今まで体験したことのない症状が出ています。まあ、耐え難いほど強い違和感ではないので、経過を見ています。

 まだ途中ではありますが、ロルフィングを受けて良かったと思うのは、自分の身体の内側を気にするようになったことです。どこかに変化がないか、これまでとの自分の違いはないかと探ることで、今までになかった気づきがあります。摂取して、消化して、吸収して、排泄する。自分の身体にそういう仕組みがあると知ることはできるけれど、リアルに体験することはなかなかできない。できないんだけど、それを感じてみようとすることで、いつか本当にそれを感じることができるかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク