歪んだ身体はくすぐったい

くすぐらて反応が激しい人ほど体が歪んでいる。

 以前私のヨガのお師匠さんからそう聞いて、面白いなと思った。その時は実践してもらって、ゆがみを取った前後でくすぐられた人の反応は確かに変わっていた。後の方がくすぐったさは和らぐのだ。

 また、幼児への健康法としてもくすぐりが効果がある。それはくすぐられた時の逃げる動きによって歪みが矯正されるというもの。確かに幼児に限らず、くすぐった時の反応は人それぞれだ。体を左右にひねったり、倒したり、重心を下げたり上げたり。そうやって、歪みを矯正しようとしている。

 1度試してみたい。そんなことを思っていた私に絶好のチャンスが巡ってきた。
 GWに0歳と2歳の甥と会う機会があった。

 これは、くすぐらずにはいられませんよ。
 
 ということで、遊び相手をしている最中にちょっとくすぐってみた。

 0歳児は無反応だった。まだハイハイすらしない0歳児の体は歪みとは無縁。なにをやっているんだとばかりの目で見られた。あるいはまだ感覚が鋭敏ではないからかもしれないが、身をよじるようなこともまったくなかった。

 2歳児をくすぐると、笑いながらうねうねと体を動かした。歩くようになるとやはり歪みは出てくるらしい。不思議なのは、くすぐること自体は嫌がらなかった。大人だと手で押さえて拒んだりするものだけど、2歳児はくすぐることを止めようとはしなかった。

 できることなら、0歳児が1歳になった時にまたやってみたい。人間の身体は面白い。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク