速読を始めよう

 一口に「読書」といっても、大きく分けて2つの意味での読書があると思います。

 1つは小説や漫画を楽しむための読書。

 もう1つは、ビジネス書なり資料すなわち知識やノウハウを得るための読書。 

 前者は時間の許す限り堪能すればいいです。一文一文を噛み締めて、じっくり読めばいい。

 けれど、後者ははたしてじっくり読む必要はあるのだろうか。

 そう疑問に思ったのが始まりでした。そもそも、ビジネス書や教養書を一冊読んだ後で内容が印象に残っていませんでした。最初から最後まで通して読んで、「なにか使えそうな知識を知ったぞ」と思うものの、それを振り返ってノートなどに書き出そうとすると全然出てきません。つまり、なにも覚えていないし身についていない。

 一語一句をありがたがって読んだところでなんの意味もありません。文体や表現なんて難解でなければどうでもいいのです。必要な情報はそれほど多くありません。

 どうせ一冊の本から全てを吸収できないのならば、大事なところだけ必要な情報だけ得ればいい。だから、時間をかけずに速くたくさん読もう。

 だから、速読をしようと思い立ちました。

 ただ速く読めればいいというわけでもなく、効率的に読めるものがいい。しかし、速読手法は数あれどどれが良いのかいまいちわかりません。だから、とりあえず気になったものから始めることにしました。

 フィーリングに任せて手にとったのは「フォトリーディング」です。なにはともあれ、実践してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク