後回しにした結果

miss

 未来を左右するような大きな岐路というのがあります。進学・就職などはその例だとは思いますが、そういう予期できる節目とは別に不意に訪れる分かれ道。

 この選択次第でこれからが大きく変わってしまうような根拠のない確信がある。そんな選択肢です。

 どうも現在の私はそんな状況のようです。

 来年3月以降も継続して働くかを問われました。雇用主からは意志は尊重するが、続けることを望んでいると言われました。

 私は咄嗟には答えられず、返答を待ってもらうことにしました。楽しくやらせてもらっているし、やりがいも感じています。

 けれど、ずっと続けていきたいかを考えた時に踏み止まってしまう自分がいました。

 いつかは身体を用いる仕事を持つ。その内容は漠然としているけれど、確固とした意志はこの1年くらいでどんどん大きくなっている。

 今現在は並行してやっているから、来年度以降もこの状態を続けることはできるでしょう。ただ、それでいいのか? そういう疑問が湧き出てくる時点でよくないとどこかで思っている。己の怠惰さを理解していて、惰性のまま年月が経つことを恐れている。

 結局のところ、自分はどうしたいのか?

 いつかこういう重大な決断を迫られることをわかっていながら、ずっと考えていなかったのでしょうね。冒頭では「予期せぬ」とのたまっていましたが、目を背けていただけだったのかもしれません。

 そして、避け切れず目前まで迫ったところでようやく考え始めている。これでは手遅れだと思います。

 でも、手遅れだと感じた時がスタートだとどこかの偉い人が言っていました。

 後回しにすればするほどに後になって大きな壁となって立ちはだかる。

 知ってた、あまりにもチョロイから溜めこんだだけだし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク