ゆがみを直したら体調が激変

relax
 身体のゆがみを直すための体操や治療法はたくさんありますが、じゃあゆがみが直ったらどうなるのかということはあまり触れられていない気がします。

「楽になった」
「身体が軽くなった」

 それらの感想を聞いていまいちよくわからないというのが、これまでの私の本音でした。ただ先日特殊な整体に行ってきて、ゆがみを取ってから劇的な変化がありました。

リラックスしやすくなった

 歪みが取れて今まで力まなくてはできなかったことが、力まなくてもできるようになりました。自転車を漕いでいても軽く回ります。これがいわゆる「身体が軽くなった」ってことだと思います。

 また、ゆがみのせいで可動域が狭まっていたものが開放されたおかげか、歩く時に感じていた左足付け根のツッパリ感がなくなりすいすい歩けるようになりました。

 力みが少なくなって、リラックスしやすくなりました。今までリラックスしていたつもりの状態だったものが実はまだ力が入っていて更に脱力できるのだと気づけるようになりました。

ヨガがきつくなくなった

 これまで何度か触れてますが、私はヨガをやっています。その中でバランス系のポーズが私は苦手でした。どうも上手く立つことができず、ポーズを途中までしかできません。けれど、ゆがみが取れてからヨガをしたらできました。今までどんなに頑張っても踏ん張ってもできなかったポーズがすんなりできるようになったのです。
 
 ヨガ全体を通しても、息が乱れなくなり、心拍数が上がっても深い呼吸ができます。息の通りがよくなったとでも言うのでしょうか。

 今まで辛くてきつくて、一通り終わった頃には疲労困憊だったのが、終わった後もさしたる疲労も感じなくなりました。(もちろん手を抜いているわけではないです)

 ヨガに限らず、運動する前にまず身体の錆を落とす――ゆがみを取った方がいいかもしれません。基本を大事にとスポーツの世界では言われますが、それは身体の使い方にも言えます。ゆがみのあるまま続けていくと、変な癖がついて逆に身体を壊してしまう。私自身、ゆがみは目に見えてよくなりましたが、ゆがんでいた時の体感覚は変わっていないので、まだまだ違和感があります。だから、なるべく早くゆがみを取り除く。

 そうすると、今まで使っていなかった筋肉が使われたり、酷使されてきた部分の筋肉の負担も減るのでとても楽になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク