東京マラソンに落選した

run
 今年も東京マラソン落選の通知がきました。最初にエントリーした年より4年連続で落選です。最初は落胆したものですが、こう続くともはや「ああ、今年も落選したのですね」と他人事のように思います。

 まあ、始まった年からずっと落選している人もいるでしょうから、殊更に不幸というわけでもありません。倍率10倍ですから。

 今までフル2回、ハーフ1回走った経験がありますが、私は走るのが得意ではありません。凄く太っていた時期があって、その当時の「とにかくきつくて苦しい」印象が強いです。

 今でも好きか嫌いかを問われたら、少し迷います。痩せたって、ずっと走っていたら苦しいしきついです。マラソンを毛嫌いしている人は「じゃあなんで走るの?」と疑わしそうに尋ねるのですが、納得できるような理由を述べることはできません。

 でも、強いて言うならば「マラソン大会」は好きです。大きい大会になれば何万人もの人が連なって走ります。トップランナーからビギナーランナーまで同じ大会に出れるっていうのは結構貴重なことです。そしてタイムが遅くても馬鹿にされるということもほとんどありません。追い越し追いこされ、同じゴールを目指す他人の息遣いを感じながら走るのは奇妙だけれど、不思議と心地良いです。一人で走るのと仲間と誘い合って走るのではまた違うのでしょう。

 完走できたら達成感もありますし、(今のところ経験ありませんが)完走できなければ悔しいのでしょう。

 最近は走ることよりも歩くことを重視していますが、今年はフルかハーフのどちらかのマラソン大会に出場しようと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク