たえるのをつらくかんじるか?

たえるのをつらくかんじるか?
 すきなことをやっていようが、きらいなことをやっていようが、すべてが順調にいくことはまずありません。

 のりにのってつきすすめる時があれば、たえしのぶ必要がある時もあるでしょう。
 そういう時にたえることをどうかんじるかは大事になっていきます。

 つまり、ひたすら苦痛なだけであれば、ちょっとちがうのかもしれません。
 逆にたのしさやよろこび、あるいはどこかで好転する希望をみいだせるのではあれば、自分にとって価値のある忍耐なのかもしれません。

たえるのをつらくかんじるか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク