「わたし」がほっしているだろうか?

「わたし」がほっしているだろうか?
 広告はわたしたちの無意識にはたらきかけてくる。

 したがって、自分が心から「ほしい!」と願ったのか、それとも欲をかきたてられたのかよくわからなくなります。
 だから、買ったものやサービスに後で首をかしげることになるのです。

 こうかいしないためにも本当にほしいとおもっているのかをいま一度かんがえてみてはどうでしょう?

 「わたし」がほっしているだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク