きまりきったものはなんだろう?

きまりきったものはなんだろう?
 もうあたらしいアイディアはでつくしただろう。

 そんなことをおもっても、おもわぬアイディア商品がでてきます。
 そうしたものの常識をくつがえすものです。

 かえられるとおもっているものはほかの人もかえられるとおもっているのです。
 だったら、「これはもうかえられない」とおもうことにこそ、チャンスがねむっているのかもしれません。

 きまりきったことはかんがえようとしません。
 けれど、それはほんとうにかえられないものなのでしょうか?

 きまりきったものはなんだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク