回数はたりている?

回数はたりている? 統計ではデータの数がすくないほどに信頼性はとぼしくなってしまいます。

 それはわたしたちの日頃の生活でもいえることです。
 1回2回のこころみで「わかった」や「ただしい」といえるでしょうか?

 試行錯誤の数をふやさなければ、それがあっているかどうかもわかりません。
 だめだった、とくじける前に1度自分自身に問いかけてみましょう。

回数はたりている?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク