その問題は解決する必要はあるか?

その問題は解決する必要はあるか?
 わたしたちはついつい問題を解決しようとする。

 けれども、はたしてすべての問題は解決する必要はあるのでしょうか。

 たとえばちいさなこどもが「おおきくなりたい!」とねがっていたとします。
 それは本人にとってはものすごく大事な問題かもしれませんが、解決する必要はありません。
 ほうっておいても成長期がくれば、大なり小なり身長はのびます。

 時間が問題を解決してくれることもあれば、ほうっておいても勝手に解消されることもあるのです。
 下手に手をだして、ぎゃくにややこしくなる時もありますから、反射的に行動するのはかんがえものです。

その問題は解決する必要はあるか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク