それはどの体験とむすびつく?

それはどの体験とむすびつく?
 知識というのは、いくらあってもたりないものですが、すぐにわすれさられてしまいます。

 たくさんしいれてもそこに定着しないなら、あるいはおぼえていてもそれをいかせないなら、ないのとかわりません。
 
 結局のところ、興味のないものは忘却していきます。
 1度きいただけの地名などすぐにわすれてしまうでしょう。
 しかし、自分のいった場所であればわすれません。

 また、いった場所ならば、その地にかんする話もできるでしょう。
 いかに知識と自分の体験をむすびつけていけるかが大事なのです。 

 あたらしいこと・ものにであった時こそ、自分の内側にそれとつながるものをさぐってみてはどうでしょう?

それはどの体験とむすびつく?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク