なぜやることをふやすの?

なぜやることをふやすの?
 二兎追う者は一兎も得ず。

 そんなことわざがありますが、ミスしてしまう時はやることがおおすぎるがゆえに許容量をこえてしまうものです。
 だから、ものごとをふやす時ほど注意したほうがいいでしょう。

 必要だからやる。
 そうおもっていると、あっというまにやることだらけになってしまいます。

 一度はじめてしまうと、なかなかひっこみがつかなくなることもおおいです。
 だからはじめる時ほどちゅういしなければいけません。

なぜやることをふやすの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク