どうして覚悟がひつようなの?

どうして覚悟がひつようなの? 覚悟はあるのか。
 そんなセリフをしばしばききます。
 
 けれど、本当に覚悟はひつようなんでしょうか?
 途中でなげださないために、というのはかならずしも理由にはならないかもしれません。

 覚悟があったってなかったって、成功する時と失敗する時はりょうほうあるのです。
 そして、責任からのがれようとしても、のがしてもらえない時もあれば、責任をかんじていても追求されないこともあるでしょう。

 だから、べつに覚悟の有無がそれほどひつよう不可欠かといわれるとそうでもないのかもしれません。
 むしろ覚悟がないことを、やらないいいわけにしていないでしょうか?

 そちらのほうが問題でしょう。

 どうして覚悟がひつようなの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク