なぜ1回でやろうとしてしまうのだろう?

なぜ1回でやろうとしてしまうのだろう?
 結果をもとめられつづけていると、失敗できなくなります。
 ひとつのミスが転落をまねくようにおもえてしまうのでしょう。

 けれど、一歩下がってみましょう。
 チャンスは一回しかないのでしょうか?
 いまがダメでも2度目はぜったいにありませんか?

 人が相手の時はかならずしもはじめから心をひらいてくれるともかぎりません。
 だとしたら、回数をかさねることも必要です。

 とにかく1回やってみたらどうでしょう。

 なぜ1回でやろうとしてしまうのだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク