本当にそこが限界なのだろうか?

本当にそこが限界なのだろうか? 
 もうそれ以上は限界だとかんじる時があります。
 けれども、それは自分がきめたにすぎないのかもしれません。

 たとえば、疲労困憊でもう一歩もうごけないと思っていても、命の危険にさらされればはしってにげまどうのです。

 つまり、いつも余力をのこしていることになります。
 限界をださないまま過ごしていたら、いつしか全力のだしかたすらもわすれてしまいます。
 
 そうすると、だんだんできることがすくなくなっていく。
 だから、いつもとはいわなくとも、限界までやりきることを練習する必要があるのかもしれません。
 
 だから、自分で限界をさだめていないのかをたずねてみます。

 本当にそこが限界なのだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク