いいわるいで判断できることなのだろうか?

いいわるいで判断できることなのだろうか?
 よかった。わるかった。

 物事の反省をしてみると、1つ1つをどちらかに分類したくなります。
 けれど、いいわるいで判断できることなのでしょうか?

 よしあしは最初に正解がよういされていて、それとてらし合わせて、はんだんすることです。
 けれど、実際には正解も不正解を明確にはんだんできることってすくないです。

 たとえば「今日は晴れてよかった」と言った時に、くもりだったらわるかったというわけでもないのです。
 そもそも、天気はかえられるものではありません。

 だから、それをよしあしで判断したところでなにもかわらないのです。

 いいわるいで判断できることなのだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク