見栄でやろうとしていないだろうか?

見栄でやろうとしていないだろうか?
 とてもエネルギーに満ちていて、なんでも手をだす活動的な人がいました。
 
 しかし、その人は2人きりではなしてみると、別人のようになっていました。
 ひどくつかれた顔をして、うつむいていました。

「だれかにみせるための自分につかれてしまった」
「いつも笑っていないと、しんぱいされる」

 けれど、その次に集団であった時もやっぱりその人は笑顔をふりまいていました。
 自分のつくりあげたイメージにひっぱられてしまい、そこからぬけだせなくなってしまう。

 見栄をはりたい時だってあるでしょう。
 けれども、あとあと自分をくるしめないかどうかはかんがえておく必要はあるでしょう。
 
 見栄でやろうとしていないだろうか? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク