わたしはどこに違和感をおぼえているのだろう?

わたしはどこに違和感をおぼえているのだろう?
 わたし達は、違和感をおぼえることができる。

 正解をしらなくても、「なんか違う」と感じることができます。

「145326706×2705=12870」

 以上のような式をみた時に、パッと答えはでてこないけれど、これは違うぞとわかる。

 こうした違和感というのはとても大事なものです。

 生きることに正解はないから。
 年収1000万円のような誰かがさだめたような基準はたくさんあるけれど、それをうわまわる人がみんな幸せだと感じているかというとそうでもないです。

 ただ、正解はないけれど、今ある状態よりもよくすることはできます。

 そのために必要なのは、違和感をおぼえること。
「なんかおかしいぞ」と感じることで、改善と修正ができます。

 だから、【わたしの問い】をみつけようとするならば、ふだんから違和感のセンサーをみがいておく必要があります。
 
 そのセンサーをみがくために、違和感の正体を具体的にこまかくみていくようにこころがけます。
 
 わたしはどこに違和感をおぼえているのだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク