子どもでもわかるくらい簡単にできないだろうか?

 子どもでもわかるくらい簡単にできないだろうか?
 知識がふえればふえるほどに、むずかしく考えるようになってしまいます。

 あれこれと長々と説明したり、よくわからない横文字を使いたくなってしまう。

 けれど、本当に言いたいことはなんだろう?
 きっとその中でもほんの一部に過ぎない。

 自分で糸をほつれさせているだけじゃないだろうか?
 だったら、それをほどいてあげればいい。

 むずかしい説明がつうじない相手を想像してみる。

 ことばの数が少なくて、もってまわった言い方が通じない子どもだ。
 よりシンプルに、けれど核心をついていなけば、子どもには通じない。

だから、子どもに通じるということは大人にだって十分通じるはずだ。

 子どもでもわかるくらい簡単にできないだろうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク