目の前の人とのやりとりを楽しめているだろうか?

目の前の人とのやりとりを楽しめているだろうか? 

 誰しも苦手の人の1人2人はいるものです。

 関わらないようにできるならば問題はないけれど、時にはさけられないこともあるだろう。

 そういう場合、憂鬱になっていないだろうか?

 苦手な人はいてもいい。
 けれど、なぜ「苦手な人とのやりとり」まで苦手になってしまうのだろう?

 学生はしばしば、怖い先生のモノマネをして笑いの種にする。
 
 苦手な相手の口癖を見つけたり、よくやる仕草の回数を数えてみたり。
 そうしてみるとやりとりをすること自体には面白さを見出すことができないだろうか?

 退屈だと感じるのは楽しむつもりがないからじゃないだろうか?
 人と人とのやりとりはお互いの姿勢によってなりたつ。
 自分から楽しみを見つけていけば、楽しみを見出すことができる。

 どうせ避けられないことならば、楽しむ工夫くらいはしてみたらどうだろう

 目の前の人とのやりとりを楽しめているだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク