初めて体験するように感じてみたら、なにを発見できるだろう?

初めて体験するように感じてみたら、なにを発見できるだろう?
 いつもの道。
 いつもの仕事。
 いつもの人。
 
 毎日を過ごしていると、いつのまにか習慣ができあがり、同じような人と接したり、同じことを繰り返す場面が出てくる。
 けれど、本当に「いつもと同じ」なんだろうか?

 いつもの道には花がなり、季節ごとの虫のなき声が響く。
 いつもの仕事は、自分の体調やモチベーションが違う。
 いつもの人は、やはり相手の気分も日ごとに違う。

 まったく同じなんてことはない。
 どこか微細に違うけれど、「いつもと一緒だ」と思い込んだ瞬間、抜けおちてしまう。

 けれど、初めての時はそうじゃなかったはず。
 慣れない道の風景をしっかりと覚え、右も左もわからない仕事にてんやわんやで、どういう人なのかをじっくり観察していたはずだ。

 だから、その時のことを思い出してみる。
 そして、ウソでもいいから同じように振る舞ってみる。
 
 初めて体験するように感じてみたら、なにを発見できるだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク