なぜ自分を大きく、強く、美しく見せなければいけないのだろうか?

なぜ自分を大きく、強く、美しく見せなければいけないのだろうか?
 世に出ると、自分の良い面を見せろと言われます。
 
「自分はできる」と言っている人と「自分はダメだ」と言っている人なら前者と一緒にいたい。
 そうした心の動きは自然なものでしょう。

 けれど、それが度をこしてしまうと、弱みを見せたらつけこまれるような気持ちが働くようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

知らずしらず、本来の自分よりも大きく見せようとしていないだろうか?

 
 それは果たして自分で選んだことなのだろうか?
 大きく、強く、美しく見せることをはたして「わたし」はしたいのか。

 誰かに言われたり、「みんながやっているから」という理由ならば、最初のうちは良くても、だんだんとそのイメージに合わせるのが苦しくなってきます。

 もし、やめてみたたら一体なにが起こるのだろう?

 案外なにも起こらないかもしれない。

 なぜ自分を大きく、強く、美しく見せなければいけないのだろうか?
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク