距離感の取り方

「あなたのがちょうどいい距離感なんだと思う」

 そんなことを言われた。
 人と接する時の距離感ってやっぱり違いがあると思っていて、物理的にも心理的にもものすごい近い人がいればどちらかに特化して近い人も、あるいはどちらも遠い人もいる。

 私の距離感の取り方は付かず離れずだと自負している。
 別にそこに善悪はないのだけど、この距離感を心地よく感じてくれる人がいるっていうのは嬉しいことだ。

 けれど、意識してやってはいないなとふと気づいた。
 もう少し意図的にやって見てもいいかもしれないと感じた。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク