苦しさの種類

 未来デザインという未来から現在を見て、行動を変えていく手法をやった。

 毎回、結構苦しい作業になる。
 でもそれも案外悪くないのかもしれないと思い始めてきた。

 苦しさも色々あると感じている。
 それは枯渇した苦しさと詰まった苦しさだ。

 例えば、食べ物がなくて苦しい時は枯渇して何もなくて苦しい時、人間はすり減っていく。
 それは避けていきたい。

 でも、一方で言葉を発したいのにうまく表現できない時、いわゆる「産みの苦しみ」という奴はそれほど悪くない。
 それはさながら、ホースがねじれて詰まっているようで、その絡まりが解けてしまえば、一気に解放感に満たされる。

 複雑に絡み合ったホースを解く作業には面倒くささが伴うけれど、それは確かに必要な過程だとおも思う。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク