恐れることはほとんど起こらない

全然準備が整っていないのにぶっつけ本番でやることになった。

 私は割と準備をしっかりしたい方で、ガチガチに固めることはしないけれど、でも準備をしないことには不安を覚える。
 だから、ほとんど準備もしないうちに始めることになった時はなんだか憤りにも近い感情を覚えた。

 本当にそれで大丈夫なのか?

 けれど、実際に始まってみると私の恐れていたことは何も起こらなかった。
 それはたまたまなのかもしれない。

 でも恐れたことは起こらなかった。
 参加者が準備不足に怒り出すこともなかったし、終わった後には「楽しかった」とすら言ってくれた。

 いつだって、必要以上に想像を膨らませてしまうのは自分自身なのだ。
 だから、恐れてはいけない。
 あえて準備ができていない中でやってみることで新しい世界が見えることもあるのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク