自信の有無

「どうして、そんなに自信が持てるんですか?」

 話していたら、ふとそんな風に問いかけられた。
 おそらく狐につままれたような顔を私はしていただろう。

 この私が、「自信」があるなんて!
 相手は私がどんな人生を歩んできたか知らないのだから仕方ないけれど、それでも後からおかしさがこみ上げてきた。

 一体、どう見ればそう思えるのだろうって心底疑問に思ったけれど、それが立て続けに複数に言われると私の方が間違っているのかもしれないと疑うようになってきた。
 どうも外から見ると、私は自信があるように見えるらしい。

 つまり、そこに自信というなにか得体の知れないものがあるかどうかなんて関係ないのだ。
 
 外から見てあるならば、それは存在していることになる。
 だったら、自信があるかないかなんてどうでもいいのかもしれない。

 自信の有無によって、自分の行動が変わるなんてことは馬鹿らしくなってくるじゃないか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク