老いと死

 実家の猫が死んだ。

 その知らせを受けて、なんだかしんみりしてしまった。
 2・3ヶ月前は抱き上げるのが重いくらいだった生物が僅かな期間であっという間に衰え、痩せ細っていくのを感じてしまった。

 先週、親が留守にするので実家に猫の世話をしに言った時に久々に抱いたらほとんど骨だけになっていて、驚いた。
 こんなに筋張っているんだ。ほんの少し力を込めただけで、折れてしまいそうで恐ろしかった。

 去年の暮れには犬が死んだ。
 犬も猫も12年以上が生きていた。不幸の死と言うよりも老いの死だ。

 このタイミングでものすごく考えさせられるものがある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク