ヒーリングボウル

 昨日、ヒーリングボウルのワークショップを受けてきた。

 そうしたら、振動することって凄いんだな、と思った。
 私達は空気を震わせて、言葉を発していて、自身も小刻みに振動している。

 ヒーリングボウルを掌に乗せて、ポーンと叩く。

 それをしてみると、心地よい音とともにボウル自体が震えるのを感じることができる。
 震えるということ自体がなんだか楽しくて、その振動に対して身体が馴染もうとしているかのような感覚がある。

 放っておけば、いつまででも鳴らしていられそうで、だんだん時間を忘れてくる。
 とても不思議な一時だった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク