解明するよりも納得感

 明らかにするのが怖い。

 話をしていた時に自分を発見した。いわゆる学者のような人達は物事を解明して、そこにある真理を追究しようとする。

 けれど、私はそれが苦手らしい。そこにブロックを感じた。

 解明したところで、一体何になるの?

 そんな八つ当たりにも似た疑問すら浮かんできた。

 すなわち、真理が出たところで私は納得できるとは限らないのだ。
 私は納得感が欲しい。それだけなのだ。

 そして、納得するためには体験する必要がある。
 だから真理の内容なんてどうでもいいから、それを得るための道筋を教えてくれよ、と思っているのだ。
 そうしたら、自分で辿ってみるから。

 そうじゃないと、ずっと疑ってしまう。猜疑心が強いんだな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク