ただ不安になるのではなく、行動する

 熊本で地震があって、その時に大丈夫かなぁ、と漠然と感じているだけの自分がいた。

 九州に知り合いがいるんだけど、安全は確保できただろうか?
 連絡を取っても迷惑じゃないだろうか?

 そんなことが思ってふと自分が準備をできていないことに気づく。
 5年前の大震災の時にも同じことを感じていたはずなんだ。

 でも、5年経った時に同じことを感じているということは、自分はなにも準備していなかった。
 
 地震って怖いな、と思っただけ。

 その不安に対して、アクションを取らなかった。
 SNSやメディアでは大きな災害が起これば、一時的に防災の報道がされるし、それに影響を受けて救急バッグなんか用意する。
 
 でも、それは本当に一時的に過ぎない。

 今、私の家には救急バッグがある。
 けれど、ものがあるだけだ。

 情報も、実際に起こったらどうするかも考えていない。
 もっと自分ごととして考えていく必要があるのだと痛感した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク