やる気との線引き

 新年度になってから、怒涛のごとくいい流れがきていると感じる。

 今年に入ってから続けていたことが、少しずつ身を結び始めて、おぼろげながら展望も見えてきた。
 本当の形にはなっていないけれど、俄然意欲が増してきている。

 ただ、それがゆえに危惧を感じる。
 目の前に起こる結果で意欲が左右されるようならば、上手くいかない時には意欲は消失してしまう。
 上手くいっている時は誰だって気分がいいものだし、万能感にとらわれることもある。

 むしろ、上手くいっていない時にどうするかの方が大事。
ともすれば、それはネガティブに感じてしまうかもしれないけれど、「やる気」に左右されてしまうことが危険だと言っているだけ。やる気がなくなったらやめてしまうのかということ。
 だから、私はやる気には左右されない道を探り、目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク