気づくために動く

「なるほど」
 自分で文章を書き終わった時にそう口走っていた。

 自分では考えて大まかな道筋は見えているのだけど、文章を書いていると思わぬ展開を見せる時がある。
 書き終わった時には、自分の思わぬ思考が反映されていて、その時になってようやく自分が書きたいことがそれだったとわかる。

 書くこと。言語化すること。そして、手を動かすこと。それも1つの身体の思考のプロセスの1つなのだ。

 なにを思っているのか、考えているのかわからなくてもとりあえず書き出してみる。
 1フレーズだけでもいいから、書き出してみる。そういうことから自分の思考が広がりをみせていくのだと思う。

 だからなにかを始めなくてはいけない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク