やる気に依存しない

 ちょっと前に自分で書いた一文を読んで面白くなった。

”なんかもう頑張るのは諦めた。向いていない。やる気に依存しないやり方を探る”

「やる気」って、もの凄く良いもののようにずっと感じていたんだけど、もちろんやる気が出ない時もある。
 そういう時にでも、やらなければいけない時がある。

 そういう時にやる気に依存していると、その落差にギャップを感じる。
 だから、どんな精神状態でもできるような仕組みというか、ルーティンがあれば良いと思う。

 そういう意味で最近「習慣」という言葉をよく使っている。
 
 やる気があるとかないとか、そういうのを考えなくてもできる状態。

 そういえば、戦略会議の時にある人が面白いことを言っていた。

「あるレベルまでいくと、やる気がなくなる」
 それは落ち込むという意味での「ない」ではなく、そもそも「やる気」の概念がない。
 やるのが当然という領域。そういう習慣が日常に増やしていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク