「お願い」慣れする

 コミュニケーション能力が高い人ほど「お願い」をするのが上手だ。

 躊躇いも気負いもなく、「お願いします」と言える。そこには他意はないので、依頼された側もすんなり「はい」「いいえ」で答えることができます。
 その後で、相手が困っているようであれば、「なんか手伝えることありますか?」と聞きにいきます。相手からしても一旦お願いされているので、その人に頼みやすいという良い循環が起こります。
 その繰り返しでいつの間にか良い関係性が築けていて、別のところにも波及していくんですね。
 
 一方で「お願い」が苦手な人は、相手にとって迷惑かどうかから考えます。ようやく決心してお願いする段階になっても、迷惑をかけるという思いが頭の片隅になるので、卑屈になったり慇懃無礼になったりします。
 依頼される側もなんだか仰々しくなってしまい、お互い硬くなって違和感が残ります。

 だから、「お願い」慣れすることってとても大事だな、と思います。
 
 人間は「ありがとう」って言われたいんですよ。
 感謝されたら嬉しいわけですよ。
 だから、物を取るとかそういう単純なことでもいいから、お願いをして「ありがとう」と感謝する。

「ありがとう」を言うためにお願いをすると考えるとちょっとお願いをすることが楽にならないでしょうか?
 そうやってけば、いつの間にかお願いすることに躊躇いがなくなっていくんじゃないかな、と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク