会話のパターン

 昨日の関係構築からもう少し具体的な会話のパターンについての話です。

 私はとにかく相手の情報を集めることから会話を始めようとする気質があります。
「お仕事はなにしてるんですか?」 と聞いてみるのは最たる例です。だから、とにかく質問ベースで会話することが多いです。
 こんなことあったんですけど、どう思います? あれについてどう感じますか?
 そうやって相手を知って、初めて切り込んでいく。

 じゃあ、なんで相手の情報を手に入れないと気が済まないかといえば、きっと主導権を握りたいんだなと考えました。
 特に集団においては時折、手綱を誰も握ってない状況で混沌とした会話になることがあります。それが思わぬ発見や可能性を生むことはあるんですが、その混沌が苦手なのかもしれません。
 だったらまだ自分のコントロールが利く範囲で収めておけばいい。
 ただ、それは同時に可能性を制限することでもあるので、修正していきたいところdす。
 だから、自分の癖を知るためにはあえて手綱を放して、混沌に身を委ねることがこれから必要なんでしょう。

 鬼が出るか蛇が出るかわからないけれど、楽しんで会話していきましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク