答えは本人が持っている

「解決方法を引き出されちゃったな」

 ごつい身体の友人がそう言った。
 
 

  
 昨日、幼馴染達と飲みに行きました。
 私は遅れて合流したら、他の面子は既にできあがっていました。
 そして、その中で1人だけ荒れている奴がいました。
 
「どうした?」と尋ねると、「また今度話すわ」と全員歯切れが悪い。
 不穏な空気を察して、私は深く掘り下げることはしませんでした。

 それでも、彼が明らかに不満を消化しきれていないのは見て取れました。
 
 2軒目に移動するとやはり腹の虫が治まらなかったのか彼はおもむろに語りだしました。
 デリケートな話題なのでぼかしますが、端的に言えば「かしこまった席で無礼な振る舞いをされた。でも場を考慮して怒りを表に出すことはしなかった」ということでした。
 
 もともと竹を割ったような性格で、ズバズバものを言うものの切り替えの早い彼が、そこまで怒りを持ち続けているのは珍しいことでした。だから、時折質問を挟みながら好きなように喋らせていました。すると、だんだんと怒りの糸口のようなものが見えてきます。
 
 直接的な怒りの原因はもちろん無礼な振る舞いをされたことですが、怒りが続いているのは、本人に対してその場では言いたいことを言わなかったことにあったようです。だからその場に居合わせた他の人達には自分の怒りを伝えたそうですが、彼の怒りはやはり解消されませんでした。
 当然、私に話しても根本的な解決はできません。

 どうすればその怒りは解決できるの?

 そう問うと、彼は視線を外してしばらく考え込みました。
 長い沈黙の後、彼はポツリと言いました。

「今度あったら本人に言うしかないよな」

 それを機に、彼は吹っ切れたのかよく笑っていました。
 そして「解決方法を引き出されちゃったな」となぜかちょっと悔しそうにこぼしました。
 
 
 
 人の悩みや強い感情に触れる時は、それを解決できると思ってやると大抵失敗します。
 私自身もそういう経験をしてきました。

 解決する力も方法もだいたい本人が持っています。
 相談を持ちかけられた人がやるべきなのは、感情を受け入れることと内省を促すことと、そして必要な人にはちょっと背を押してあげることくらいです。そんなに大したことは必要ありません。

 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク