揺れて整う

 最近いつも揺れています。

 心が? いや、心も揺れているのですが、身体が物理的に揺れています。自分でも気づかないうちに身体を揺さぶっていて、「なにしてんの?」と怪訝そうに言われることもしばしばです。

 貧乏ゆすりよりももっとゆるく、身体が波打つような揺さぶりをしています。縦横関係なく、時折回転運動も混ぜながら、立っている時はもちろん、座っている時も肩や骨盤を回しています。
 
 どこかが凝っているな、とか左右での歪みを感じるな、と感じると気づけば身体を揺さぶり始めます。そうすると気持ち良いのです。終わった時にフッと身体の力が抜けて、身体が整った感覚があります。
 身体の歪みは牽引したり、バキボキと強い刺激が必要だと思いがちですが、優しい揺さぶりをしてあげるだけでも余分な力が抜けて、本来の場所に戻ろうとする力があります。

 野口整体ではこのような動きを自働運動と呼びますが、身体が整う術は身体自身が知っています。
 だから、意識して身体の歪みを治そうとするのも良いのですが、まずは身体がどうしたいのかに耳を傾けてみると身体が答えてくれます。沖ヨガでは、「生命に聴く」と言いますが、考え方は同じです。いわゆる内観です。
 ただ、厄介なのは耳を傾けたからといって答えてくれるとは限らないことです。生活が乱れていて、ずっと身体の声を無視し続けてきた人にはなかなか答えてくれないかもしれません。でも、そこは自分の身体ですので、真摯に聴く姿勢を維持しているとやがては機嫌を直して答えてくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク