落ち込んだら幽体離脱する

 気分が落ち込むことがあったり嫌だと感じることがあっても、立ち直りが早くなってきました。

 もともとガラスのように超繊細な私の心はとても傷つきやすいので、いつも緩衝材に包んでもらえないとすぐに砕けてしまいます。
 まあ、冗談はさておくとして、自分の中でなにが起こっているのかと内省してみたところ、色んな視点で考えるようになってきたのが大きいと感じました。
 
 10代の頃なんかは些細なことをくよくよいつまでも引きずっていたのですが、それは自分の視点からしか見てなかったからです。

 例えば、メールを送ってもなかなか返信が返ってこないとします。
 なんで返ってこないんだろう、嫌われたのかな、などと時間が経てば経つほど不安に駆られていたように思います。けれど、振り返ってみて自分がメールに対してすぐに返信をしていたかといえば、そうじゃないわけです。
 今、手が離せないから後にしようと思っているうちに1日以上経過することも珍しくありませんでした。

 相手がどういう状況にあるかにちょっと想像を傾けるだけでも、結構気が楽になってくるんですよね。
 
 そして、色んな角度から見ていくと、ポジティブな側面も見えてきます。それが例えこじつけまがいだとしても、良い面を見ることができれば、少しはモチベーションが上がってきますし、そこから可能性を広げていくこともできるんですね。

 だから、最近は気分が落ち込んできたら幽体離脱するようにしています。落ち込んでいる自分から抜け出して、ちょっと高い位置からその原因を眺めてみる。意外と効果あるので、よければ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク