未来は明るいか? 暗いか?

 
 最近知り合った人から勧められて、近畿大学の卒業式でのホリエモンさんのスピーチのyoutubeを見ました。
 
 

 漠然と感じながらも無意識に目を背けてきたことを、無理やり顔を掴まれて目の前に突きつけられた印象でした。

 今ある常識は今後通じなくなる。努力を怠れば、後ろからどんどん追い越されていく。
 年金なんて恐らくもらえないだろうし、もらえたとしても雀の涙程度でしょう。そもそも、私が老後になった時に日本という国がまだ残っているかどうかも実はわかりません。

 子どもと接することが多いとその差が特にありありと突きつけられます。私が子どもの頃にようやく普及し始めた携帯電話が、今は当たり前どころかスマートフォンを平気で持っている。タブレット端末も幼稚園児が平気で扱えます。
 この世代が大人になった時は、世界は一変しているでしょう。

 なんだか悲観的な気分になってしまいそうですが、動画の中でホリエモンさんは未来を恐れる必要はないとも言っていました。
 きちんと自分で情報を確保して、精査して、発信していけば、未来はきっと思うようになる。そのために努力していけば、必ず未来は明るい。

 なんだか身が引き締まる思いでした。
 もっと今を生きよう。まだまだできることはあるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク