ロルフィング体験記(9回目)

 残るところあと2回の9回目です。

 1回目はこちら
 2回目はこちら
 3回目はこちら
 4回目はこちら
 5回目はこちら
 6回目はこちら
 7回目はこちら
 8回目はこちら

 今日の話はロルフィングとは関係ないのですが、サマーセミナーの話をしてました。愛知サマーセミナーは誰でも講師、誰でも生徒になれるイベントです。ロルファーさんも私も講師として出ていたので、その話に華が咲きました。色んな発見のできる素晴らしいイベントなので、もっと知名度が上がって欲しいです。
 
 さてはて、今回は身体の変化はあまりありませんでした。自分の右半身に力が入っていることと重心が左重心から少しずつ真ん中に寄ってきたくらいでしょうか。
 前回の8回目を下半身の総集編とするならば、9回目は上半身の総集編ですね。

 まずは胸から鎖骨にかけて。それから肋骨の一本一本の隙間を広げるように圧を加えられました。

 それからお腹。5回目の時に吐きそうになった腹直筋は前よりも楽になっていました。それでも痛いんですがね……。印象的だったのは腹直筋を押さえられた時に一瞬おしっこを漏らしたような感覚になりました。冗談ではなく、熱いものがフッと下腹部の辺りから抜けていく感覚がありました。でも、幸いなことに漏らしてはいませんでした。お腹の中の滞っていた気が通るようになったからだと言われました。面白いですね。
 腹筋の位置を正しい位置に戻るためなのか、腹筋ごと持ち上げたり左右に動かされたりするので、結構指と爪が食い込んで痛いです。私の腹筋には痕が残ってしまいました。2、3日すれば無くなるんでしょうけどね。

 その次は、へその緒。お腹の中の一部ですが、母との繋がりに関係するそうです。少し痛みがありました。

 お腹が終わってから腕。これは5回目と同じ流れですね。全体的に痛みは少なくなっています。不要なものが抜けて、身体が整ってきた証拠でしょうか。

 その後は3回目にやった身体の側面や肩甲骨、お尻。6回目の尾てい骨もやりました。
 相変わらず、お尻は痛いです。お尻をやる回数が多いので、「私のお尻が硬いからお尻をたくさんやるのか?」と尋ねてみたところ「みんなこれをやるの。なぜなら、みんなお尻は硬くしているから」との返答がありました。確かにお尻を硬くしている人って多いです。
 腰痛、膝痛の方もお尻が硬くて弾力がなくなっているために痛みが生じている人が多いので、注意したいところです。

 まさに今回は上半身全般の総決算という感じでした。
 最初の頃に比べると随分身体が変わってきたように思います。なにが変わったかというと自分の歪みや力みに気づけるようになってきた。それらに気づくことができさえすれば、意識して治すことは時間はかかるかもしれませんが難しくないです。結局、自分の歪みに気づかないからこそ歪体が成立するんでしょう。

 しかし、前回と今回で全身が終わったということになります。ラストの1回はなにをするのか気になるところです。
 7回目の再来だけは勘弁してほしいです。あれは、もう、やりたくない……!
 でも、硬いってことは最もやる必要があるところでもあるんですよねー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […]  1回目はこちら  2回目はこちら  3回目はこちら  4回目はこちら  5回目はこちら  6回目はこちら  7回目はこちら  8回目はこちら  9回目はこちら […]