バケモノの子観てきた

 先日公開された細田守監督の「バケモノの子」を見てきました。ネタバレは極力しないで、私の感想のみです。

 まず意外だったのは、「時をかける少女」からずっと女性を主人公に添えてきた細田さんが男を主人公に据えたこと。
 前知識をほぼ皆無の状態だったこともあり、どんな物語になるのか楽しみでした。
 
 結果から言うと、私は好きですよ。
 あの厨二感がたまらないですよね。これまでの細田作品でもかつてないほどに厨二で、そういうのが好物の私としては最高でした。エンターテイメントとしてはかなり王道的で、スカッとします。
 巨匠宮崎駿を次ぐ大本命ですが、毛色が随分違うので細田さんはこのまま突き進んでほしいな、と思う次第です。現実感を残しつつファンタジーのエッセンスを盛り込んでくるのがスタイルのように見ているのですが、もっと空想世界に深く踏み込んでも面白いな、と思います。
 ただ、深い要素が1つでもあるともっと素敵だな、と思う部分もあります。その点はオオカミこどもが素敵でした。
 批判はあるとも思いますが、批判があるのはそれだけ注目されていることだと想いますので、次回作にも期待です。

 ネタバレを避けようとするとレビューを書くのって難しい……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク