分解、脱力、結合

 最近ロルフィングを受けたり、一層感覚を気にするようになってきて、いかに自分が力んでいるのかがおぼろげながら感じられるようになってきた。
 だいたい、コリや痛みというのもなんらかの緊張(心身共に)から始まっている。

 例えば、前から手をバンザイさせる。
 この動作1つとっても、どこかのタイミングで肩に余分な力が入ってくる。手を上げるだけで肩に力を入れる必要はないはずなのに、自然と力んでしまっている。
 ゆっくりやればできるかというと、これもなかなかできない。まったく力まない、楽をしたいと思うのは自然な欲求ですが、最小のエネルギーで動作をすることが実は信じられないくらい難しい。楽をするためには訓練をしなければいけないことに気づく。

 1つ1つの動きを分解して、肩、腕、指先と力を抜きながら動かしていく。
 それができるようになってくると、今度はもっと細かく筋肉ごとに脱力をするようにしていく。
 そして、それができるようになったら今度は関節など……。
 分解できるようになったら今度は一緒にして連動して動かすこともできるようになる必要がある。
 なんだかキリがない。

 けれどその、限界があるようでなくて、ないようであるというのがたまらなく魅力を感じる。
 身体というのは本当に神秘的で、面白いなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク