ロルフィング体験記(7回目)

 ロルフィング体験記も7回目になりました。今回は地獄のようにきつく、涙無しには語れない回です(主に私が)。

 1回目はこちら
 2回目はこちら
 3回目はこちら
 4回目はこちら
 5回目はこちら
 6回目はこちら

 最初はいつもの話。
 今週の一番の変化はなんと言っても顎が攣ったことです。先週の木曜日に突然、右側の顎が攣りました。2、3分くらい顎を開けることができず、痛くて悶えていました。それから2日間くらいも何度か顎を攣りそうになって、自分の顎が緊張していることがわかりました。
 そのことを伝えると、食べることや声を出すことに関わる場所だから、上手く表現できなかったり言いたいことをずっと我慢してきたことが現れているのではないかという分析でした。
 その他には右足のかかとが痛くなったことがありましたが、元々私は左重心だったのでその重心が変わってきた証拠らしいです。

 さて、なんの因果か今日の施術は顎です。
 どうも私の身体は次やることを予告するように症状が出てきます。それが面白いとロルファーさんに言われました。
 ちなみに顎は7つの骨に分かれているが、その全てをやるということでした。
 まずは顎の周りに圧を加えられました。特に顎の下が硬く、触られている私も硬いのがよくわかります。ただ、さほど痛みはありませんでした。だから、今日は大丈夫かな、と思ったのが悲劇の始まりでした……。
 一通り外側が終わったら、ロルファーさんが手袋をし始めました。そう、外だけじゃなくて口の中にも指を突っ込まれるわけです。脳は直接触ることができないから、こうして口の中や鼻を通してアプローチしていくのだそうです。
 
 以下はもう地獄でした。
 最初に舌の下(ギャグじゃないよ!)に指を突っ込まれて圧を加えられます。ベロは上に上げなくちゃいけないし、呼吸は苦しいし、なおかつとんでもなく痛い。舌の根ってところですが、ゴリゴリするし、グイグイ押されるしでもうたまりません。早速涙腺崩壊で涙が溢れてきます。それを左側右側とやっただけでも、これまでの最高痛み指数(当社比)を更新しました。今思い出しただけでも吐きそうになります。
 そして、まだまだ終わりません。歯茎の内側も押されます。触れられると硬いのは自覚できるんですが、強く押されるので手足をバタバタさせていました。
「硬いね。これは相当溜め込んでいるわ」と苦笑いされましたが、返答するほどの余裕はありませんでした。
 そして歯茎の次は顎の関節、つまりは奥歯の更に奥です。それまでの痛みでただでさえ口の中がヒリヒリしているのに、これは悶絶ものでした。人差し指を奥まで突っ込まれて、上へ下へと強く押される。口の中で鉛玉が暴れまわってような鈍く強い痛みです。
 最後には指を突っ込まれたまま、顎を噛み締めろと言われます。歯医者さんでたまにやる噛み合わせチェックに似ていますが、そんな生やさしいものじゃありません。もう勘弁してくれと思いながら噛み締めていました。この間、ずっと涙が止まりませんでした。
 たまに「力抜いて」と言われるのですが、抜けなくしてんのはあんただろ、と八つ当たりにも似た気分でなんとか深い呼吸をしようと奮闘していました。
 ようやく指を抜かれた時には、よく生き残ったなと自分で思ったくらいです。
 
 ただ、私の気持ちは一向に上向くことはできません。だって、それは左側が終わっただけだからです。
 当然、右もやるよね! それだけで絶望的な気分でした。

 同じことの繰り返しなので、右側については書きませんが、1つ書くことがあるとしたら、右側の方が硬かったことくらいですね。硬いってことは、痛みも……。

 地獄のような時間がようやく終わった後は、鼻です。小さい風船みたいな装置を鼻に突っ込まれ、そこに空気を送って膨らましていきます。そして、鼻を正常な位置に戻すということをします。これに関しては異物感はありますが、これといって痛みなどはありませんでした。

 最後に首や頭も圧を加えられました。側頭部がちょっと痛かったくらいですね。

 とにかく、今日は顎の痛みが尋常じゃなかったです。あまりの痛みに全身が緊張して、冷や汗が溢れていました。
 そして、終わった後もだるさで眠たくて仕方ありませんでした。そのまま帰ったら危なさそうだったので、車の中で30分寝ていました。
 表現すること、自分の考えや思っていることを飲み込んでここまで生きてきた。そういうツケが顎に溜まっていたのだと思います。確かに、終わった時には自分の顎が緊張していたことがわかりました。緊張している間はわからなくて、ゆるんだ時に初めて自分が緊張していたんだと感じられます。

 それにしても、未だに右側の顎がじんじんと痛んで、軽く腫れています。
 もっと自分の思っていることを話そう。この痛みをまた味わうくらいなら、そっちの方が楽ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […]  1回目はこちら  2回目はこちら  3回目はこちら  4回目はこちら  5回目はこちら  6回目はこちら  7回目はこちら […]

  2. […]  4回目はこちら  5回目はこちら  6回目はこちら  7回目はこちら […]