見立てを見直す

 この一週間くらいを結構予定が詰まっていて、今日はあれをやろう明日はこれをやろうと自分なりに組み立ててやってきた。

 けれど、気づけばどんどん予定が後ろに押していって酸素を求める金魚みたいにあっぷあっぷになっていた。
 効率の悪さも反省すべきなんだけど、それ以上に見立ての甘さが気になります。
 自分ではAの仕事は1時間で終わると思っていたのに、2時間以上かかってしまったり。
 一事が万事そんな調子だと、それは自分で首を絞めているみたいなものです。どうしても無意識てに希望的観測が混じってしまっているようです。
 今一度、見直してみて、例えば同じような作業ならば所要時間を測ったりして、見立てをし直さないといけないなと思います。

 お医者さんでも、最初の診断を誤れば治療も間違っちゃうわけで、見立てを甘く考えちゃいけませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク