昔の友人に声をかけよう

 
 27にもなるとそれなりに色んな人と関わってきて、そして別々の道へと別れてきた。

 学校ではもちろん、アルバイト先であったり、職場であったりとまあ、それぞれあるでしょう。
 未だに仲良くしている人もいれば、その当時は仲良くしていたのに、いつしか連絡を取り合わなくなった人もいる。

 最近、以前親しくしていた友人と連絡を取っている。
 というのは、2年くらい会っていなかった人に連絡を取ってから、前向きな出来事がたくさん起こってきたから。
 私がその期間になにかを感じて、実践してきたように、相手も同じだけの時間をなにかの費やしてきた。きっと、価値のあるものが詰まっているはずなんですよ。もともと気が合い、好んで一緒に過ごした時間があるのだから、その人が良いと感じて経験してきたことは私にも通じるものがあると思います。もちろん私からも相手になにか与えるものがあるはず。

 元気にしているか? 食事でもいかないか? 
 そうやって声をかけてみると、それぞれの反応が返ってくる。大抵は突然の連絡に戸惑いを含んだ返答がくる。忙しくて時間が取れない人もいる。
 でも、中には好意的な反応を示して、「久々に会いましょう」と言ってくれる人がいる。
 互いの近況を話し合い、驚き、励まし、笑う。
 そして、また会おうと言って別れる。とても楽しくて充実な時間だ。

 確かに別々の道に歩み始めたけれど、だからといって心の距離まで離れてしまう必要はない。
 さあ、久々にあの人に連絡を取ってみよう。きっと、得るものがある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク